脱毛・除毛クリームと、脱毛ワックスの違いは?

2017年8月16日

脱毛クリームとワックスの違い

さて、前回は脱毛・除毛クリームについてご紹介いたしましたが、
他にある脱毛方法として、脱毛ワックスがありますね。
ブラジリアンワックス、という言葉など、聞いたことがありませんか?^^

私も少し聞いたり見たりした事がある程度で、
その名の通り、ブラジルのカーニバル出る方が、あのきわどい衣装を着るために、
カーニバル前に「ビャッ!」っとやってるようなイメージです(笑)

脱毛・除毛クリームとどんな違いがあるのか調べてみました。

そんなワックスですが、
脱毛・除毛クリームとどんな違いがあるのか調べてみました。

 

 

脱毛ワックスはクリームとココが違う!

専用のワックスを使う

脱毛・除毛クリームと同じように、脱毛ワックスも専用のワックスを使います。

脱毛・除毛クリームの場合は「クリーム」オンリーですが、
ワックスの場合は種類も色々です。
まず大きく油性と水性タイプの二つに分かれます。

まず大きく油性と水性タイプの二つに分かれます。

○油性ワックス
主にロジン(松やに)ベースで、ハード(固形)ワックス、ソフトワックス、
オイルワックス、クリームワックスがあります。

○水性ワックス
シュガーワックス、ハニーワックスというものがあり、その名の通り、
砂糖や蜂蜜ベースで作られたワックスです。
砂糖とレモン汁だけを煮詰めて、蜂蜜などを入れて手作りする事ができますので、
万が一お子様やペットの口に入っても大丈夫。
肌にも優しく、油性タイプに比べ負担も少ないです。

 

 

ストリップ(ペーパー)を使う・使わない

脱毛ワックスと聞くと、私はオイルみたいなのを塗って、ペーパーつけてひっぱがす、
というイメージですが、油性タイプのワックスの中の、
ハード(固形)ワックスは、ペーパーは使わないの一般的。
ワックス剤が固まったらそのまま剥が感じですね。

ソフトワックス、オイルワックス、クリームワックス、水性ワックスは、ペーパーを使用します。

 

 

除毛クリームと脱毛ワックスのメリット・デメリット

さて、ワックスの種類がわかった所で、
クリームとワックスのメリット・デメリットを考えたいと思います。

 

クリーム、ワックスのメリット

クリーム、ワックスのメリット

クリーム…クリームを塗ってふき取るだけなので簡単。
ワックスに比べ、肌への刺激が少ない。
ワックス…毛根から抜き取るので、生えてくる周期が遅くなる。
水溶性ワックスはお肌に優しい。
日本ワックス脱毛協会というものがあり、
ワックスについて講習を受ける事ができる。

 

クリーム、ワックスのデメリット

クリーム、ワックスのデメリット

クリーム…薬剤を塗るので、炎症やかぶれのおそれがある。
ワックス…毛根から一気に引きはがすので、肌への負担が大きく、痛い。
松やにベースのものは、アレルギーが出る事もある。
油性ワックスは効果があるゆえに、
皮膚組織まで剥がしてしまっている場合がある。
温めて使う場合、温度が暑すぎると低温やけどをする恐れがある。

 

どちらもメリットデメリットがありますね。

私はどうも、ワックスは痛そう、というイメージがあるので、
どっちかでやるってなったらクリームの方かもしれません(汗)